2014年04月11日

【海外の反応】STAP細胞小保方氏が謝罪!細胞は存在するのか?

Obokata-press-conference.png

【要約】
4月9日小保方晴子氏が会見を開いたが、非常に辛いものだった。
科学者として、STAP細胞の現状は胚性幹細胞の業界にとって非常に悪い状況だ。
初めに小保方氏は、プレリリースされていた声明を読み上げ、
そこには多くのミスについての謝罪が含まれていた。
理研の調査は事実の十分な理解がないものであると主張し、
論文のミスについては論分の結果には影響しないものであり、
実験は正確に行われ、データは存在するという旨を述べた。

【以下、海外の反応】

TE on April 9, 2014 at 10:25 am
・どんな見方をしても会見は満足いくものではなかった。
私は弁護士の仕事に従事しているが、彼らのしていることは背景にある問題を解決するために良いことではなかった。

ネイチャーに掲載された疑いのある画像は彼女の論文からコピーペーストされたものではないと言っていたが本当にそうなのか明らかにされなかった。

加えて、小保方氏は200回以上STAP細胞の生成に成功していると主張した。
科学者であるにもかかわらず、STAP細胞の事象とは何なのか理解していない。


Tad Gale on April 9, 2014 at 11:52 am
・小保方氏にとって、会見を開いて自己防衛する簡単な方法は、オリジナルの画像や結果を見せることだろう。
実際それをしなかった。個人的にはSTAP細胞が本当に存在するとは信じられない。


blue_earth on April 9, 2014 at 6:52 pm
・理研のルールい従って準備したという意味では、会見は成功だったのだろう。
また小保方氏は200回以上STAP細胞に成功したと言ったけど
もしそれが本当なら単純に素晴らしいね。


fuzzycuffs
・独立した第三者に確かめてもらおうよ。理研が間違っていて彼女が正しいなら、それで明らかになるだろう。
誰かが面目を失うのは避けられないだろうね。


raging_donkeybuster
・全体の問題は画像の取り違いなのか?何で問題の根本を言わないのか。
捏造とは言わないまでも彼女が論文に誤解を生む画像を使ったのは事実だろう。
STAP細胞が正しいとは言えないし、彼女が実際の実験もできないんじゃないか。


Sachi Sri Kantha on April 9, 2014 at 9:48 pm
・ぼくは彼女が言ってた、STAP細胞が本当にあるということを示す実験を200回以上実行したっていうことを信じるよ。でもなぜ彼女は実験室のノートを公開せず、実際にその実験を行なったっていうことを納得させられなかったのか。ノートを公開しておけば、代理人に書いてもらった社会的な謝罪よりも説得力があるものだったのに。

Kwang Hyun Kim
今やニュースも嘘をついてるよ。この女は研究を操作したことと大衆を騙したことを決して謝らなかった。ただ言っていたことは「信じてください」だけ。STAP細胞を作ることに成功した一つの照明も洞察もなかった。彼女は絶対に謝らないだろうな。



翻訳元1
翻訳元2

posted by 海外のツボ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。