2014年04月19日

【海外の反応】「アナと雪の女王」の興行収入が全世界で713億円を超えている件について

disney-frozen_elsa-wide1.jpg

今回はいつもと趣向を変えて、
海外の反応について興行収入という観点から調べてみました。

勢いが止まらない、ディズニー・アニメ映画『アナと雪の女王』(原題:Frozen)。

世界で大人気!全米が泣いた?みたいな触れ込みはよくありますが、
どの国でどれくらい人気があるのか調べてみます。

boxoffice mojo という興行収入を調べているサイトを参考にしてみました(以下)
参考サイト
Frozen (2013) - International Box Office Results - Box Office Mojo.jpg

これによると2014年4月16日現在アメリカだけで$399,571,604(1ドル100円として39,957,160,400円)=399億円超もの興行収入があるようです。(すごすぎて凄さがわからん)

もちろんアメリカが興行収入一位。
二位が日本の$89,000,000=89億円。
三位が韓国の$76,695,633=76億円。
と続いています。

アメリカの興行収入は文字通りの桁違いですね。

もちろん国ごとの人気度を興行収入で測るというのは、いろんな要素が含まれるので良い方法ではないですが、アジア圏でもこれだけ話題になり興行収入を伸ばしているというのは主題歌の「Let it go」の効果も非常にあるんじゃないかと思われます。

他のアニメ映画と比較してみるとより話題性がわかると思います。

「Ice Age」というディズニー(フォックスでした)アニメ映画がありましたが、現在までの興行収入は全世界で
$715.9 million = 715億円。
一方「アナと雪の女王(frozen)」の現在までの全世界興行収入は
$713,100,000=713億円。

この勢いだと軽く超えてしまいますね。

為替の変動もありますから、アイスエイジの頃と端的に比較することはできませんが、それを考えたとしてもものすごい勢いだなと感じます。

日本映画史上の歴代興行収入記録は
「千と千尋の神隠し」の304億円が一位
「ハウルの動く城」が196億円が二位です。(wikipediaより)

もう日本映画一位の興行収入超えているのか・・


「アナと雪の女王」は本当に人気があるんだなあという話でした。

※アイスエイジはディズニーではなかったですね、、失礼しました。

参考サイト2
posted by 海外のツボ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外の反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイスエイジてディズニーではないです
Posted by at 2014年04月21日 19:40
↑失礼しました。。修正致しました。
Posted by 管理人 at 2014年04月21日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。