2014年04月21日

【海外の反応】ある日本人のヨーヨーへの情熱に全世界が感動した


【本人のコメント】
みなさん!見てくれたありがとう。

【海外の反応】
MichaelWilliams
・情熱がものすごいものを生み出す最高の例だね。
人は、一生懸命働き、献身的に努力するということを忘れている。
そういったものの喜びってものを最近の社会はすぐに忘れてしまうんだね。

VanessaArquillano
・このTEDの発表者の決断に関するコメントを見るのはすごく興味深いよ。日本文化についてはあまりよく知らないけど、アメリカ的考え方とは違うみたいね。
日本の文化はすごく、「皆でやろう」みたいな心理がよくあるんだね。スーツを着た男性や、ドレスシューズやヒールに身を包んだ女性の考え方は、前に日本を訪れた時、どこの国も同じだなあと思ったよ、一年田舎にも住んでみたけどね。教師達でさえ普段着に同じブランドの服を着る。精神性の部分で「立ち上がる(STAND UP)」人は多くないんだろう。(原宿とかじゃなければね。原宿はファッションすごいよ)

この若い男性は、話し始めに、同年代の若い人達に感銘を受けたことはまだ無いと思うと言っているけど、彼は何かヨーヨーから感じたものへ集中して決断することに情熱を注ぎ込んだ。
時に私たちは皆、道に迷う事がある。彼が普通のサラリーマンとして働いていたみたいに。

私は、彼は情熱に従い、その情熱とは何か理解している素晴らしいパフォーマーだと思うよ。彼の発表は滞りなかったし完璧だった。何をするんでも非常に大事なことを教えてもらったよ。

JeromyBall
・好きなコトや情熱を注ぎ込めるコトをすべきだよね。それがこの話の重要なメッセージだよ。
好きなことで稼ぎ、成功した。これだよね。

Anderson Torres
・これは本当に驚くね!僕が助言するなら、もし本当にやっていることに情熱を持ってるならやめるな!決して諦めず、例えもし社会が君の情熱を否定しても、出来る限りのことをやろうとするんだ。他の人の言うことや考えていることを気にしなくていい。




これは二度ヨーヨーの世界チャンピオンになったBLACKさんの動画です。今は世界初のヨーヨーパフォーマーとしてシルク・ドゥ・ソレイユで活躍されているようです。
好きこそものの上手なれとは言いますが、正に好きなモノに情熱を注ぎ込んだんですね。
中々こういう生き方をするのは難しいですが、その意志の強さに憧れますね。

翻訳元1
翻訳元2
posted by 海外のツボ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガのツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。