2014年04月24日

【海外の反応】東京タワーの色の意味!オバマ来日で星条旗カラーにライトアップ

2234_01.jpg
東京タワーオフィシャルサイトより

オバマ米大統領の来日に際し、東京タワーをライトアップ


昨日夕方にオバマ米大統領が来日しました。
銀座の寿司屋「すきやばし次郎」が大きな話題となっていますが、東京タワーもまたオバマ大統領を歓迎するために、奮闘していました。

赤と白と青のライトアップ。

つまり、アメリカの国旗である星条旗カラーにライトアップされていました。
ライトアップは大統領滞在期間中の4月23日(水)、24日(木)の2日間続くようです。
ライトアップ時間は日没(18:21)から24:00まで。
美しいダイヤモンドヴェールの点灯です。

海外でも東京タワーへの反応があったので紹介いたします。

@baby4ever2010 at2014/04/24 09:05:15 JST fromTwitter
・タワーが赤と白、青になってる。ありがとう東京。歓迎してくれて...

@AkemiIshiki at2014/04/24 08:28:53 JST fromTwitter
・オバマ大統領が初めて東京を訪れたんだね!すごく東京タワーがきれい!

@Brett_Fujioka at: 2014/04/24 07:46:14 JST fromTwitter
・うん。今東京タワーがエッフェル塔よりもフランスらしく見えるよ!
(確かにフランスの国旗も・・・)

@CathyOtanicar at: 2014/04/24 07:22:31 JST
・東京タワーと美しい夜だね。



実は東京タワーの色にはメッセージがあるそうです。

白は「永遠・継承」
黄色は「希望・祝祭」
青緑は「地球・平和」
赤紫は「夢・幸福」
青は「水・命」
緑は「自然・環境」
赤は「愛・感謝」
の七色。
日によってスケジュールもあるみたいです。

今回の点灯は「赤・青・白」ということなので、「愛・命・永遠」。
すごく綺麗な言葉ですね。実際に米日を含め世界がその言葉通りになったら良いなと思いました。

参考:東京タワーオフィシャルサイト、twitter
posted by 海外のツボ at 09:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。